台車を押す力(始動抵抗、走行抵抗)について 

質問;積載荷重600kgの手押し運搬車が欲しい

回答:人力(1人)で操作することは実用的に無理です。 大まかな可否の判断として、手押しで運搬車を押し引きする場合、最大荷重の目安として軽四自動車(約800kg)を押すことを想定するとその限度が明らかです。

汎用の手押し運搬車に用いられるキャスターや車輪の外径は大きいものでもΦ250~300であり、軽四の1/2以下です。 言い換えれば軽四2台分を押すことになります。

質問:手押し運搬車の積載荷重の限度は

回答:路面や車輪径、タイヤ材質によって大きく影響されますが、最も多用されている汎用キャスタΦ180~200と平均的平路面では、300kg以下をお奨めします。

台車豆知識コラム:始動/走行抵抗について

台車を軽く動かす方法として、始動、走行抵抗の良い車輪を選ぶことが大切です。

条件

1 車輪の最大荷重以下で使用。

2 路面は水平・平坦であるとします。

始動抵抗、走行抵抗について

走行抵抗算出の詳細はやや専門的になりますので、ここでは簡単な算定方法(目安)とします。

走行抵抗の算定式: F r (走行抵抗力)daN= A×G

A : 抵抗係数    G : 車輪への荷重

始動抵抗力は、走行抵抗力より130~150%程度の力を必要とするといわれています。

 Fs (始動抵抗力)daN= (1.3~1.5) × Fr (走行抵抗力)

走行抵抗(Fr)の考え方 (図1 参照)

走行抵抗について

1 車輪が進行する場合に床面が Y 状態になり、これが抵抗となります。あきらかに、Y が小さいほど抵抗が少ないことになります。従って、鉄車輪のように硬度が高い車輪は地面に接する面積 b が少なく(線接触に近い)、接地面が大きいゴム車輪より走行抵抗が少ないといえます。

2 いま、Y を一定とすれば、これに対応する車軸にかかる走行トルク T = Fr× R は、半径R の増加に比例して T も大きくなり、走行抵抗(押す力)Fr が同じでもトルクは大となります。すなわち、より大きな負荷に対処できます。

いいかえれば、車輪半径 R を大きくすれば、同じ走行抵抗に対して、より少ない押し力で台車の操作ができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ