中部産業株式会社(ブリヂストン名古屋販売グループ)
台車とキャスター物流機器情報

台車キャスター&タイヤ等の部品、特注製品の選定方法 中部産業

小型テーブルリフター台車シリーズ 安全追求型

トップリフター台車 > 小型テーブルリフター台車シリーズ  安全追求型

小型テーブルリフター台車 (リフター昇降台車) 安全追求型

2019年11月20日より随時モデルチェンジしております。


CSLT-H150^7S

台車の荷台テーブルが上昇下降しますから、作業台、コンベアなどからの移動は高さに合わせてできますから軽負担で済みます。操作は基本的には足踏みでポンプを介して油圧シリンダーを作動させ、テーブルを上昇させます。 下降は、バルブを緩めることで任意の位置で止めることができます。

キャスターが両輪ブレーキ、巻き込みガード付きに変わり、
急降下防止の部品に変わります。

ここで紹介させていただくタイプは小型ですから、車載等の携帯も可能です。ただし、台車自重が30kgぐらいありますから、通常の手押し台車の感覚と違います。その点を十分にご検討下さい。CSLTX-H150-7はハンドル折りたたみ式です。携帯する場合はこのタイプの方がお勧めです。※写真は旧モデル

 この小型モデルは持ち運びを前提にしたサイズのため、テーブル上面へのコンベヤ付や架装などのオプション対応に向いていないモデルとなります。

最大荷重が150kgタイプで、自重が30~32kgで、少し重いですが、車載して使用されているお客様もいます。外出先で重い物の揚げ降ろし、運搬が楽になります。ハンドルは折りたたみ式モデルあり。

安全を追求

動画で見るリフター台車


小型テーブルリフター台車の仕様・価格

・CSLTX-H150-7S ・CSLTX-H150-7
CSLT-H150-7S CSLT-H150-7
軽量30kg・ハンドル固定・最大荷重150kg 軽量32kg・ハンドル折りたたみ・最大荷重150kg
ペダルを踏むごとに荷台が上昇します。下降時はバルブ開閉ツマミを開くことで下降し、閉めたところで止まります。ハンドルは固定です。自重は30kg。
ペダルを踏むごとに荷台が上昇します。下降時はバルブ開閉ツマミを開くことで下降し、閉めたところで止まります。 ハンドルを折りたたむことができます。自重は32kg。

 

姿・形は下記の写真が基本となります。
型式 本体価格税別 定価 参考納期 送料区分
CSLTX-H150-7S ¥42,600 OPEN 実働4日程度 G
CSLTX-H150-7 ¥45,000 OPEN 実働4日程度 G
型式 仕様 CSLTX-H150-7S CSLTX-H150-7
能力kg 最大荷重kg 150 150
最低位mm 最低位mm 210 210
最高位mm 最高位mm 740 740
テーブル寸法C×Dmm 荷台サイズmm 700×400 700×400
ペダル回数 最高位まで揚げる踏み回数 13 13
台車外寸法D×E×Fmm 台車外寸法mm 400×950x840 400×950x815
台車自重kg 台車の自重kg 30kg 32kg
ハンドル 折りたたみ有無 固定 折りたたみ式
キャスター キャスター ゴム車輪 100mm ゴム車輪 100mm
機能の違い ハンドルは固定ですのでご注意下さい。 ハンドルが折りたたみで車に積載して運べます。
参考納期 実働4日~5日 実働4日~5日。
※ペダル回数を修正しました。
※単位はmmとなります。モデルチェンジにより 一部統廃合となります。



オーダーメイド商品
オーダーメイド商品

このページのトップへ