中部産業株式会社(ブリヂストン名古屋販売グループ)
台車とキャスター物流機器情報

台車キャスター&タイヤ等の部品、特注製品の選定方法 中部産業

トップ リフター台車 >リフター台車 高揚程型

高揚程型テーブルリフト台車(昇降台車)

さらに高く揚げる昇降台車(リフター)

 台車の荷台テーブルが通常タイプより2倍近く上昇下降しますから、高い棚段などに対応できます。その代わりに下降端の位置は高くなりますのでご注意下さい。標準より高く荷物も持ち上げます。荷重に応じ3機種用意。
自重はどのモデルモ約100kgかなり重たい台車です。傾斜の多い場所でのご使用は非常に危険です。
ご選定の際はご注意ください。


足踏みポンプを介して油圧シリンダーでパンタグラフ(菱形で収縮する機構)を使って荷台テーブルを昇降させています。そのパンタグラフが2段構えになって、高く揚げる仕組みとなっています。


急降下防止バルブ

2つの機能が安全に作業効率を高めます。

【安全装置】急降下防止バルブは、テーブルの急降下を未然に防ぎます。油圧シリンダのポートに取り付けられています。

【早揚がり装置】ペダルを左に回し足踏みすると、リフトアップスピードが2倍になります。下記の仕様表は足踏み数を示しています。早上がりに切り替えると油圧シリンダーのストロークが大きくなり早く目的の高さに到達します。

台車の荷台テーブルが最低位が80mmと通常のテーブルリフト台車に比べ、かなり低床です。通常のテーブルリフト台車は210mm~、30%程度低床化しております。ビール瓶や重たい荷物を低い位置から運ぶのに最適です。


アイディア次第で作業改善できます!

例えば

・重い金型製作作業の負担を大幅に軽減します。
・部品加工、検品作業時の適正な作業位置を確保するレベラーとして使い作業性アップ。
・生産ラインへの移動運搬台車として、フレキシブルな物流を展開
・倉庫や物流センターでの棚からの荷役作業の効率化。
・プレスやシャーリング加工の作業台にして効率化。
・その他、4輪自在にしたいとのお声を頂きますが、安全上お勧めしておりません。

動画で見る【高揚程型】(Youtube動画でご覧いただけます)

高揚程型テーブルリフト台車_上昇
高揚程型テーブルリフト台車_下降

テーブルリフター台車の仕様・価格

高揚型昇降台車(リフター)テーブルリフター図面260×高さ 正面からの昇降台車(リフター)

 

CSLT-WH200-13 CSLT-WH300-15A CSLT-WH500-10
CSLT-WH200-13 CSLT-WH300-15A CSLT-WH500-10
型式 能力 最低位 最高位 テーブル寸法 台車外寸法
最大荷重kg 最低位mm 最高位mm 荷台サイズmm 台車外寸法mm
CSLT-WH200-13 200 450 1300 800×500 500×1050×880
CSLT-WH300-15A 300 410 1500 900×600 600×1150×900
CSLT-WH500-10 500 380 1000 650×500 500×900×880
型式 kg mm(A) mm(B) C×D mm D×E×F mm
型式 通常(足踏み回数) 早揚がり時(足踏み回数) 自重
CSLT-WH200-13 59 31 91kg
CSLT-WH300-15A 63 38 116kg
CSLT-WH500-10 48 27 105kg
型式 本体価格 税抜 税込み価格 定価 参考納期 送料区分
CSLT-WH200-13 ¥101,400 ¥109,512 OPEN 実働14日 B
CSLT-WH300-15A ¥126,000 ¥136,080 OPEN 実働14日 B
CSLT-WH500-10 ¥94,200 ¥101,736 OPEN 実働14日 B
 ※単位はmmとなります
 納期は参考です。

 




オーダーメイド商品
オーダーメイド商品

このページのトップへ