中部産業株式会社(ブリヂストン名古屋販売グループ)
台車とキャスター物流機器情報

台車・キャスター&タイヤ等の部品、特注製品の選定方法 中部産業

トップ > 業務改善のご提案

業務改善のご提案

当社ではテーマ別に工場内、倉庫内、事業所内で使用される台車・キャスターを含む物流機器で
業務改善のお手伝いをしております。一般的な事例をご紹介させて頂いております。
掲載していない個別ケースがある際はお問合せフォームを活用下さい。
 

・テーマ別改善案



・不意の傾斜や段差などから荷物を守る・荷崩れ防止を防ぐ

視覚には感じ取れない傾斜や不意の段差がある場合などは停車中の台車が動き出す可能性があり非常に危険です。
対策として、手を離すと止まるハンドストッパー台車、足踏みストッパー付きのフットストッパー台車、荷崩れ防止ガードや荷締機バンドが付いた台車が挙げられます。特にハンドストッパー台車は駅構内でご使用される際は必須の機能となっております。

 台車で安全性の改善をお求めの方はこちらをご覧ください。

台車の機能ではなく、キャスターや足回りで改善をご検討されている方は、ストッパー付キャスターをご選択頂くか、
下記にご紹介させて頂きます「輪留め」をご使用頂く方法もございます。


・荷姿の決まっていないもの、不揃いの荷物を運ぶ

荷姿がばらばらであったり、様々な形状の荷物を運搬する際はカゴ(金網)タイプや箱付きの台車が適しています。

→ カゴ枠付台車(プラスチック)へ
→ 箱付台車(シートボックス付台車)へ

・台車を買い替えるまでのコストはかけたくないという方へ

安全性は考慮したいが台車を買い替えるまではコストを掛けられない、壊れるまでは買い替えの予定はないという方へは
「輪留め」がお勧めです。

→ 輪留め「ストッパーゴム」シリーズはこちら

・台車運用時の怪我を防止したい

台車のキャスターが足に当たる、靴ひもが絡まって転倒しないようにしたい。リフト台車の昇降部分で手を挟まないようにしたい。
とにかく全部の車輪にストッパーが必要になった。こういった企業様独自の安全基準を設けていらっしゃる場合には様々な解決方法があります。

例:キャスターでは巻込み防止ガードを付ける、リフト台車にはジャバラ付を選定する、キャスターストッパー付に全車輪交換するなど方法があります。

・汎用品を活用して安全性を高める

「台車は持っている、製作できるが安全対策の機構を取り入れたい。よい部品はないだろうか?」とのご相談をよく頂きます。

こういった場合は後付のストッパーやハンドストッパー機構付キャスターをご選択頂くことで可能となります。
キャスターのストッパーで十分な場合はそちらを利用して頂き、次にハンマーロックなどの車輪を持ち上げて
ストッパーとする商品もございますが、セッティングや取付が難しいため現在はあまりお勧めしておりません。

→ ドラムブレーキ付キャスターを参照する

上記に掲載していない個別ケースがある際はお問合せフォームを活用下さい。




・積み降ろし作業を軽減したい

棚への重量物への移動、車への荷物積込み作業軽減、フォークリフトの入れない場所やラインの途中などで
重たい荷物を上下する際などは、リフターと呼ばれる台車がございます。

テーブルタイプ、フォークタイプがございますので用途に合ったモデルをご選択頂けます。
但し、軽量物(30kg未満)で荷物が小さなものはリフター台車では想定されていないため改善に繋がらないケースが
ございます。また重すぎるもの(1000kgを超える)もの、高く上げるもの(2000mmなど)もリフター台車ではカバーしきれない
部分でございますので特殊な条件の場合はフォークリフトの使用も視野に入れられることをお勧め致します。

→ リフター台車総合ページへ

・押しやすさを改善したい、軽く押したい、始動性を良くしたい

押しやすさの改善は大まかに分類して2点です。1 荷物の積みすぎ(荷重オーバー)、2 荷重に対応した台車・キャスターを
ご選定されていない。
キャスターのカタログ数値だけでは測れないのが押しやすさの改善です。
盲点なのが軽・中荷重用キャスターで耐荷重100kgとなっている商品でも実際台車に取り付けて運用する際は4輪であっても
耐荷重100kg~150kg相当の台車に使用することが殆どです。耐荷重400kgの台車には選定しません。
また、軽・中荷重のキャスターは重荷重用キャスターやその他押しやすさを改善した商品とは部品の能力(コストや性能)が劣り
ます。ここに耐えられる荷重と運用する際のギャップが生まれます。このギャップが押しやすさの改善のポイントともいえます。

具体的な改善案、改善品をご希望の際はお問合せフォームをご活用下さい。

→ 荷重条件の選定について
→ 押しやすさを改善したキャスター
→ 押しやすさの考え方はこちら ※実際、現場での測定には「けん引力を測定する機器」が必要です。
→ 始動アシスト付台車
 
上記に掲載していない個別ケースがある際はお問合せフォームを活用下さい。



・大量搬送による改善

けん引台車(構内トレーラー)を使用すれば台車を最大5連結(当社の場合)まで可能なため、数度の往復が必要だった搬送が
1度で済むなど効率化、時間の短縮が可能です。先頭には有人のけん引車輌(トヨタL&F タグノバ、コレックDSPなど)が必要
です。※フォークリフトでのけん引は非対応です。

→ 構内トレーラー

このような構内トレーラーも現在では無人搬送機での運用も多くなっております。

・AGV用台車、けん引台車を製作されている企業様へ

緩衝キャスターやノーパンクタイヤキャスター、構内トレーラー足回りユニットのご提供もしております。
速度、用途、荷重に合わせてご提案させて頂きます。

・重たい荷物も小人数で運びたい

電動台車や後付電動ユニットで省力化することが出来ます。但し現在は完成品の電動台車の需要は低く、
代りに後付電動ユニットを導入されている企業様が多くなっております。

→ 電動台車
→ 電動ユニット  

上記に掲載していない個別ケースがある際はお問合せフォームを活用下さい。




・耐熱環境向け

耐熱環境へで120℃までの場合はMCナイロン車輪もございますが、それ以上はフェノール車輪もしくは鉄車輪の
ご選択となります。概ね台車のキャスターの耐熱温度設定は~200℃までで短時間では250℃など温度の幅もございません。
市販品で設定のない荷重や高温になる場合は完全な特注品となりますが、温度によっては材料面でキャスター関連技術では
ご対応が難しい場合がございます。ハードな使用環境の際は耐熱鋼材を取り扱う加工業者様、メーカーへのご相談も視野に入
れご検討ください。

→ 耐熱樹脂車輪キャスター(車輪部特殊フェノール)
→ 鉄車輪キャスター 耐熱グリス仕様


・耐寒、寒冷地向け

低温に強いジエンゴム、MCナイロン車輪+耐寒グリスを設定することで-40℃まで対応できるキャスターをご用意可能です。
低温環境での使用の際はご相談下さい。
例:ステンレス金具+重荷重車輪+旋回部に耐寒グリス入りも実績もございます。

また、寒冷地で使用する大型台車にはフォークリフトで使用しておりますスノータイヤ(ノーパンク)が設定可能です。
タイヤサイズ4.00-8、600-9などがあげられます。(構内トレーラー台車専用)

・腐食を嫌う環境で

ステンレスキャスター、ステンレス製の台車、アルミ製の台車など錆に強い商品は様々なものがございます。

しかしながらそれらステンレス製・アルミ製の商品は軽・中荷重向けの商品が多く、重荷重に対応したものがないのが現状です。

現在、重荷重キャスターの金具部に腐食コートを施し重量物+腐食を嫌う環境下への対応が可能となるキャスターも
ございます。特殊な環境で使用するキャスターも徐々に進歩しています。荷重に満足されていない場合はこちらも検討下さい。
また設置機械向けにはステンレス製低床キャスターも適しております。

→ 重荷重用キャスター 腐食コートタイプ
→ ステンレス製低床重荷重キャスター 


上記に掲載していない個別ケースがある際はお問合せフォームを活用下さい。




・タイヤ・ホイールセット、キー加工、スプロケット付など


当社ではけん引台車や構内トレーラーの部品を応用して電動台車、・ロボット用車輪向けに車輪をご提供しております。
鋳物ホイール車輪を流用したキー溝加工車輪、ハブ付車輪のタイヤ・ホイールを流用したAGVや電動台車、ロボットの
タイヤが一例でございます。
全くの特注サイズの場合コストや欠品時のリスクが非常に高くなります。当社では普段流通している部材でのご提案を主とし、
お客様のコスト・リスクを減らすご案内もしております。詳しくは下記リンクを参照下さい。

→ 駆動車輪・ロボット用車輪

導入例: けん引車輌向けタイヤ、AGV用車輪、ロボット用タイヤ、電動台車、駐車場ターンテーブル回転用駆動車輪等

上記に掲載していない個別ケースがある際はお問合せフォームを活用下さい。




既存の商品を他分野で流用頂いております例をご紹介いたします。

・お祭り用山車、子供神輿の足回りについて ※乗用不可

乗用する山車や神輿、公道を自動車やトラックなどでけん引されるものには対応しておりませんが、
運搬車/構内トレーラーで使用しております、高荷重キャスターやノーパンクタイヤが足回りとしてご使用頂いております。
詳細は下記リンクをご参照下さい。

→ お祭り用山車、子供神輿で使用可能な足回りのご紹介

・インダストリアル家具向けに鉄車輪キャスター

インダストリアル家具を制作されている業者様より鋳物車輪、鉄車輪キャスターのご依頼を頂いております。
但し、鉄車輪キャスターや鋳物車輪は工業用品向けに塗装してあったり、特殊仕様に場合が多くそのままでは
ご使用頂けません。お時間を頂ければデザイン変更は型の問題でご対応できませんが、無塗装、ベアリングなし、
旋回部グリス変更などの仕様を変えてのご提案も可能です。

導入させて頂きました商品例:鉄車輪キャスター

上記に掲載していない個別ケースがある際はお問合せフォームを活用下さい。
オーダーメイド商品
オーダーメイド商品

このページのトップへ