取り扱い商品一覧(スプリングキャスター)

ここではキャスター金具にスプリングを取り付け、さらに車輪の材質で緩衝能力を上げようとした製品も紹介しています。また高価ですが、ショックアブソバーを取付けたキャスターもあります。

コイルスプリングキャスター(手押し兼けん引用)(詳細ページへ

コイルスプリングキャスター

スプリング使用で、衝撃を緩和し、製品運搬による擦り傷や騒音が減少します。また始動抵抗も減少し、スムーズな走行性を備えます。さらにSST車輪を使用すれば相乗効果があります。

センタースプリングキャスター(手押し用)(詳細ページへ

センタースプリングキャスター

支持金具の中心線上にスプリングを配置し、全方向からの振動を緩和します。車輪サイズは3種類用意しています。

ショックアブソバー付きキャスター(手押し用)(詳細ページへ

ショックアブソバー付きキャスター

アブソバー(オイルダンパー)は振幅減衰が良いのが特徴で、これを緩衝装置として金具に導入しました。

ゼロプレッシャータイヤスプリングキャスター(手押し)(詳細ページへ

ゼロプレッシャータイヤスプリングキャスター

緩衝金具だけでなく、車輪にも緩衝能力を持たせるため、ゼロプレッシャタイヤの組み合わせをしたキャスターです。

セミニューマチック車輪付スプリングキャスター(詳細ページへ

セミニューマチック車輪付スプリングキャスター

タイヤの特性と、柔らかいバネを使用したことにより従来より緩衝効果をアップしております。

高速センタースプリングキャスター(けん引用)(詳細ページへ

高速センタースプリングキャスター

最大時速20キロまで対応可能、旋回部にはラジアルボールベアリングとスラストベアリングのダブル構造で大きな衝撃にも対応。

キャスターの選択ポイント

金具に振動緩和装置(スプリング、アブソバー等)を備えたキャスターです。衝撃緩和だけでなく、始動抵抗、騒音等も改善されます。

下記にアドバイスとして緩衝方式ごとの特徴を表示しました。ご参考にして下さい。

緩衝方式 緩衝ストローク 振幅減衰 微振動緩和 寿命 市場性
コイルスプリング
板ばね 極小
ゴムダンパー やや小 -
オイルダンパー やや小 やや短
空圧タイヤ タイヤ寿命

担当者としての意見ですが、上記の比較表から判断すると「空気入りタイヤ」になりますが、パンクの心配があります。工場など長期間使用、耐久性が追求されると、スプリングキャスターの選択は妥当と思われます。逆に短時間使用で短距離で運ぶならば「タイヤキャスター」の選択もあります。

参考:タイヤキャスター(詳細ページへ

タイヤキャスター

空圧を利用した空気入りタイヤは自動車をはじめ多くに使用され、緩衝効果が認められています。当然、手押し台車では、路面の悪い外路を走行する場合に効果があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ