中部産業株式会社(ブリヂストン名古屋販売グループ)
台車とキャスター物流機器情報

台車キャスター&タイヤ等の部品、特注製品の選定方法 中部産業

耐寒キャスター(中荷重用) -40℃まで対応

トップキャスター > 耐寒キャスター(中荷重用) -40℃まで対応

耐寒キャスター 中荷重用 ジエンゴム車輪

 

 -40℃まで対応した車輪とグリスを併せ持ったキャスターです。車輪はジエンゴムを使用赤を設定。
台車でご使用される100~200mmのサイズをご用意しました。耐寒-40対応のグリスを自在旋回部に封入。冷凍工場、冷凍庫、寒冷地など向けになります。常温~-40度まで対応。車輪は弾力性のあるジエンゴムを採用。
このキャスターは受注生産:実動約4~5日程度かかります。
※固定キャスターは一緒にご使用頂ける通常のジェンゴム車輪です(耐寒グリスは使用しておりません)。

JIS(日本工業規格)に
基づいての製作だから安心
JIS規格(日本工業規格)で製作されていますから、メーカーが違っても、ほとんどの場合に互換性があります。保全面でも優れています。
台車枠への取り付けは
ボルト締め
構造的には、車体との取付けが台板(トッププレート)になっているため、車体側が平坦であれば、ボルト4本で締め付けることにより、強度面で安定性が得られます。
対応環境は-40℃まで
-40℃まで対応のため冷凍倉庫内でご使用される台車にご使用頂けます。急激な冷凍は車輪や金具を傷める場合がございますのでご注意ください。
                    
導入事例
冷凍倉庫で使用されている専用台車、カゴ車、食品業界向け台車。一部寒冷地。主に自在キャスターを多くご依頼頂いております。常温、低温の行き来で寿命は1年~2年程度のデータもございます。

キャスターの図面

・キャスター選定には重要な項目です。安全にお使いいただいた時の1ヶ当たりの荷重の限度を示しています。
・軸径 D・・・車輪の軸径で、車輪交換の時、適合車輪の確認する時に調べます。
・車輪付高さ H'・・・地面からプレートまでの「キャスターの全高」です。この寸法で台車荷台までの高さが計算でき  ます。
・取付座 F1×F2・・・キャスターの取付面の寸法です。この寸法で台車側の取付プレートの寸法が決まります。
・取付穴ピッチ P1×P2・・・ボルトで取付ける穴の間隔寸法です。台車側の取付穴位置が決まります。
・取付穴径 d・・・穴径から判断して取り付けボルト及び穴あけ寸法を決定します。
・偏芯 E・・・車輪を旋回させるには偏芯が必要です。この値でキャスターの旋回範囲が計算できます。

キャスターの仕様

キャスター 型式 LWCPJ-車輪外径

ゴム車輪が付いた自在(旋回)キャスター。優れた旋回を実現する自在金具とゴム車輪の組み合わせ。旋回部は-40℃まで対応した耐寒グリス入り。2017/5/1より型番変更しました。

自在キャスター 許容
荷重
車輪付高さ 取付座 取付穴
ピッチ
取付
穴径
軸径 偏芯 単価 送料区分
 型式 kg H' F1/F2 P1/P2 d D E  円
(税抜)
LWCPJ-100 130 144 95/95 71/71 11.0 12 35 ¥1,400 C
LWCPJ-130 180 177 108/108 80/80 11.5 20 40 ¥2,000 B
LWCPJ-150 200 198 120/120 90/90 11.5 20 45 ¥2,100 B
LWCPJ-200 250 250 140/140 112/112 11.5 20 58 ¥3,200 B
※寸法はmmです。
・参考納期実働4日程度~。
上記と一緒に使える固定キャスター 型式 LWK-車輪外径

ジェンゴム車輪が付いた固定キャスター。直進性を実現する固定金具とゴム車輪の組み合わせ。※商品特性上、旋回部がないため耐寒グリスは使用しておりません。2017/5/1より型番変更しました。

固定キャスター 許容荷重 車輪付高さ 取付座 取付穴ピッチ 取付穴径 軸径 単価 送料区分
 型式  kg H' F1/F2 P1/P2 d D 円(税別) 
LWK-100 130 144 115/79 80/45 11.0 12 ¥900 C
LWK-130 180 177 137/93 100/56 11.5 20 ¥1,600 B
LWK-150 200 198 137/93 100/56 11.5 20 ¥1,800 B
LWK-200 250 250 151/100 112/63 11.5 20 ¥2,900 B
※寸法はmmです。
・参考納期実働4日程度~。

このページに関連する商品

・キャスター各種

・車輪のみをご検討のお客様はこちら

オーダーメイド商品
オーダーメイド商品

このページのトップへ