中部産業株式会社(ブリヂストン名古屋販売グループ)
台車とキャスター物流機器情報

台車キャスター&タイヤ等の部品、特注製品の選定方法 中部産業

トップ台車一覧 > 台車の修理について

 

台車は修理できます。ご安心下さい。

台車は修理できます。ご購入前にご検討下さい。 台車荷台 台車のハンドル
台車キャスター キャスター交換できる。 台車分解イメージ

台車を構成する荷台、ハンドル、キャスター金具、車輪の単位で「交換」で修理が可能です。新規の台車購入を検討される前に「メンテナンス(修理)」をお考え下さい。(但し国産メーカー品の場合)


1.修理対象は弊社取扱いの台車が前提となります。

「修理可能な台車」とは、基本構成部品を「修理部品」として供給できるメーカーが前提となります。今ご使用になっている他メーカーの台車の部品を供給することはできません。あくまでも弊社扱いの台車となります。

まずは基本的にはご購入元や製造元にご相談下さい。


2.「メーカー名、型式」が最低限わかることが大切です。

修理部品を依頼する時、「メーカー名、型式」を知らなければ部品は供給できません。ご購入される場合は「購入した連絡先、メーカー名、型式、購入日」を管理されることをおすすめします。またご購入前に「部品供給ができるか」を必ずご確認下さい。

台車をご購入された時、「メーカー名、型式」が書かれている場所をご確認していただくか。型式が記入された納品書のコピーなどを保管して下さい。修理部品を依頼する時に絶対必要となります。


3.修理は必ずコストを考えて下さい。

修理費用は、新規台車購入価格とのバランスで考えて下さい。基本的にはキャスターが最初に傷む可能性は高いです。それ以上の修理点数があると「新規に台車を購入した方がよい」ということになります。必ず修理費計算して下さい。


台車の修理についてアドバイス

台車の荷台裏側には各部品の取り付け穴があります。

台車荷台裏側

台車荷台裏側は、荷台強度を支える複数のリブが入っています。このプラスチック製荷台が割れることは、あまり聞きません。この荷台では、各部品を組付ける取付け穴が重要です。これを利用して組み立てます。




キャスター、ハンドルの取り付け穴について

キャスター、ハンドルの取付け穴

キャスターは1個当たり4本のボルトで固定します。ハンドルも4本で固定します。左の写真で見ると、右側4つの穴がキャスター用、左側がハンドルとなります。





キャスターなどの取付けは一般工具でできます。

キャスターの組付けは一般工具でできます。

取付けボルト・ナットは6角であるため、スパナ、モンキーなどの工具を使用すれば取付け可能です。→詳しく「台車のキャスター交換について」




ハンドルも簡単に取付けできます。

ハンドルの根元部

左写真はハンドル根元部です。2本のボルトが溶接されていて、これを荷台の取り付け穴に差し込み、6角ナットを締めれば終わりです。

またハンドル折りたたみ式にはスプリングが付いています。これも損傷すれば、スプリング、ブッシュナットでご注文いただければ交換できます。



お問い合わせご相談・御見積はこちらのフォームからお願いいたします。



オーダーメイド商品
オーダーメイド商品

このページのトップへ