中部産業株式会社(ブリヂストン名古屋販売グループ)
台車とキャスター物流機器情報

台車キャスター&タイヤ等の部品、特注製品の選定方法 中部産業

トップ台車一覧 > 3点ストッパー付き台車

 
3つの安全。ハンド&フットストッパー・輪止め付台車

ハンド、フットストッパー付き台車

駅構内などでの事故防止のため、ブレーキが2重になっています。ひとつはハンドルから手を離すとブレーキがかかるハンドストッパー。もう1つは足元のペダルを踏むとブレーキがかかるフットストッパーです。そして輪止めが付いています。


ハンドストッパー部

ハンドルから手を離すと台車は止まります。

ハンドルと一緒に握ることで、ストッパーが解除されます。逆にハンドルから手を離すと手前レバーが戻されストッパーがかかります。つまり台車から離れるとストッパーがかかることになりますから、人為的ミスを防ぐことができます。


車輪を押さえて止めます

車輪押さえ式を採用

右写真のようにゴム車輪を直接押さえることにより止めます。スプリングの力を利用しています。そして「てこの力」を利用して解除します。ドラムブレーキより少し握力は必要ですが安価に抑えることができます。



足踏みでストッパー(フットストッパー)

足踏みでストッパー(フットストッパー)が付いています。

ハンドル下の足元でストッパーが掛けられます。ストッパーペダルを踏めば車輪を止めます。解除ペダルを踏めば車輪を可動状態になります。





多くの駅構内でハンドストッパー付台車使用が義務付けになっています。

各駅の安全への対応はそれぞれ違いますが、「安全重視」であることは確かです。駅によっては、ハンドストッパー、フットストッパー、輪止めの3点装備が必要な場合があります。 特にプラットホームは線路側に湾曲しており台車にストッパーをかけないと危険です。この場合、ストッパーかけ忘れがないハンドストッパー付台車がおすすめです。


※受注生産品のため実動7~10日程度かかる場合がございます。

ストッパー部品構成

主要ストッパーの3つ

台車の裏側を説明


ハンドルは折りたたみできます

ハンドルは折りたたみできます。

ハンドストッパー、フットストッパーが付いていてもも右の写真のように折りたたみできます。車などに携帯できます。








運搬能力に応じて2機種を用意致しました。

台車の仕様について

型式 CSSA-SSG-HS-FS-ST

 型式 CSSA-SSG-HS-FS-ST


型式 CSMA-SMG-HS-FS-ST

 型式 CSSA-SSG-HS-FS-ST

ご注文の場合、このページ最後の「この商品ご購入について」で「ご注文フォーム」からご注文できます。

動画で見る【ハンド・フットストッパー付台車】(YouTube動画)

坂道で、しっかり停車するところをご確認下さい

台車の姿は同じです。「運搬能力(積載重量、積載量)」で下記の2種類が用意しています。コンパクトで軽量なものを好まれるならばCSSA-SSG-HS-FS-STになります。逆に「できるだけ多く運びたい」ならばCSMA-SMG-HS-FS-STになります。
型式 台車の型式 CSSA-SSG-HS-FS-ST CSMA-SMG-HS-FS-ST
材質 台車の材質 荷台はプラスチック製、ハンドルは鉄製。 荷台はプラスチック製、ハンドルは鉄製。
サイズ 台車のサイズ 750×460 mm ハンドル高さ885mm 950×630 mm ハンドル高さ895mm
車輪 台車の車輪 100mmゴム車輪 130mmゴム車輪
最大積載荷重 台車の最大積載荷重 200kg 300kg
ハンドル仕様 ハンドルの仕様 折りたたみ式 折りたたみ式
価格 税別 ¥49,950 ¥54,600
送料区分 B B


オーダーメイド商品
オーダーメイド商品

このページのトップへ