キャスター交換方法について(台車修理)

キャスター交換方法について(台車修理)

運搬台車で傷むのが、キャスター、車輪です。これは消耗品ですから、取替えとなります。この取替えの際、同じキャスターを探す必要があります。この選定について説明します。


台車のキャスターを交換するには、台車荷台裏側のキャスター取付面の寸法を測定して下さい。

測定箇所は下図を参考にしながら測定して下さい。

台車側を測定します(下図参照)。

  • 取付穴ピッチ(P1とP2)、取付穴径(d)を測定して下さい。
  • 取付座の寸法(F1とF2)を測定して下さい。
  • 取付高さ(H')と車輪外径(D)を測定して下さい。

この寸法をもとに、カタログからキャスターを探して下さい。

  • 取付座寸法(F1とF2)が、台車側のキャスター取付板の範囲内であるかをご確認下さい。
  • 取付穴ピッチ(P1とP2)、取付穴径(d)がカタログ数値と一致するかをご確認下さい。
  • 取付高さ(H')と車輪外径(D)がカタログ数値と一致するかをご確認下さい。この場合、車輪のゴム部は消耗していますから近似値からご判断下さい。

上記3点を満たせばキャスターは交換できます。 ボルトのねじ山が破損している場合は交換して下さい。


キャスター交換方法

*キャスターの車輪のみの交換ですませる場合は、こちらをご覧下さい。→詳しく「キャスターの車輪交換について」

サブコンテンツ

このページの先頭へ